人間の生命活動は私たちの知らない間に行なわれている

普段から私たちが生きているのは、私たち自身が色々な生命活動を行なっているからという事が考えられます。

これは私たちが意識をして行なっているものは、殆ど無いという事になるのではないでしょうか。

食事をする事によって体に栄養素を蓄える事が行なわれたり、エアフィルターによってきれいな空気を肺に取り込む事も、全ては無意識のうちに行なわれる事になります。

そのような事を意識しながらやっていく事を考えると、それは到底不可能であると考える事もできるはずです。

もしみなさんが空気を肺に取り込む事をするとなれば、どのような事を行なうでしょうか。

わざわざエアフィルターを通して空気をきれいにする事は勿論の事、その空気をどこから手に入れるのか、そしてどのくらいきれいになったのかを確認する事で、安心してやっと空気を肺に取り込む事ができるようになるのかも知れません。

しかしこのような事を考えていれば、急いで継続的に空気を取り入れる事はできないでしょう。

そのように考えると、人間の生命活動はとても良くできているものだと考えられます。

目によって確認をする習慣となっている

私たちが物事を知る時には、主に目から入ってくる情報を頼りにしている場合が多くあるのではないでしょうか。

そのような事から、物事を判断する基準を目に頼っている割合が高くなると言っても過言ではありません。

しかし世の中には私たちの目には見えないものが沢山あります。

例えば私たちが生命活動にも使っている空気は、全く目には見えません。

エアフィルターを利用してその空気をきれいにする事が成されたりしますが、その事だけでも本当にしっかりと機能しているのかが不安に思えてくるものです。

何故ここまで不安になってくるのかと言えば、それははっきり言って目には見えないからであると言い切れるのではないでしょうか。

エアフィルターの必要性

もしも空気が目に見える存在であれば、エアフィルターによって浄化されているのか、或いは浄化されていないのかが一目瞭然となっているはずです。

しかし、フィルターを通しているとは言っても、それが確認できなければ私たちは信用しにくいと言っても良いくらいの事となるかも知れません。


Comments are closed.